やこっちのかきこみ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-17 Tuesday

[] 7/14初回&7/16二部レポ。そのいち 22:30  7/14初回&7/16二部レポ。そのいち - やこっちのかきこみ を含むブックマーク はてなブックマーク -  7/14初回&7/16二部レポ。そのいち - やこっちのかきこみ  7/14初回&7/16二部レポ。そのいち - やこっちのかきこみ のブックマークコメント

 Time聞きながら仕事してるんですが、CryForYouって、意外といい歌だなぁと。ステージ見てから思いました。演出過多な感はあるものの「これぞJクオリティ!」ってかんじで大満足です。あれはメインステで引きで見せるの大成功な気がする。後半ステージセンターで一人「秘密」テイストで踊ってる方いましたが。にのちゃんにクールな踊りを期待するほうが間違ってる?

 つーわけで、行ってきました、嵐2007SummerTour「Time~コトバノチカラ~」。大阪3Daysのうち、初回と最終回に入れてチケット神様が降りてきていたとしか思えないくらいよいステージ見せていただきました!この激戦の中で3連休に2回入れたこと自体奇跡的なのに、初回とラスト見られるなんて・・・。感動でした。普通に。←大野的には多分最上級。コンの最後の挨拶で「いや・・・普通に楽しかったです」ってなんだそれ(笑

 以下、ツアー雑感。@7/14一部と7/16二部ネタバレです。

 えーと、初回の席はステージ向かって左角2階席7列目という最高に素敵ポジションで、花道の一部が今回あがるんですが、松本相葉大野がそれぞれ1曲ずつリフトに乗ってくれて、本当に「肉眼で表情がわかる」ありえない体験をしてしまいました。智さんちっちゃかったけどめっちゃかっこいかった。リフト下がるときにバランス崩して膝「がくん」ってなんてたけどかっこいかった。ステージだといつもの数倍男前だけど、笑うと本当に目がなくなるねっ。この回の大野はいろんな意味で最高で、奈落のポップアップ(@時代)では跳ね損ねてこけるし、最後のご挨拶ではよりによって松本大魔王のご挨拶直前に間違って奈落上がってステージセンターに出てきちゃうし(←多分智さんのせいじゃないと思うんだけど、スポットライト浴びた松本が笑ってる客席に「何?!」みたいな超不機嫌な目をしてたのがすごくかわいかったっす・・・。しかも仁王立ちででてきた智さん、そのポーズのまま一回引っ込んで、ご挨拶のあとでちゃんと残り3人と一緒に出てきて、ここから最後の「Be With You」歌うぞ!最高潮だぞ!ってとこで、客席大笑い。松本のキレ顔がスクリーンに大写しでした)智担としてはとてもおいしい回でした。公開リハーサルって意味がすごいよくわかったよー。これはこれで、はずせないですね、確かに。

 初回、全体的に松本さん機嫌悪くてMCには参加しないわ、アンコールは1回しか出てきてくれないわ・・・いや、多分コールちっちゃかったし(←まじでありえないレベルで小さかった。台風きてたからみんな早く帰りたかったのかなぁ・・・でも初回だよ?!もうちょっと盛り上げてあげようよー)MC中に文脈無視して「太郎ちゃーん!!」って叫ぶ子達もいたし、仕方ないと思うけど、なんか悲しかったです。大阪もっとがんばろうよ!!と思いつつ、ひたすら「このままじゃ松本さんが切れる!!怖い!!」と思いながら必死でコールしてました。←同行してた子に「やこがこんなに必死でコールするタイプとは思わなかった」とか言われ。普段はしませんよ、恥ずかしいもん!人並みにしかしませんよ。でも、こんときは本当に怖かったんだもん、松本が!!

 セットリスト、載せておきますー。

 ソロ曲は全員思っていたよりまともでした。ええ、なんか赤いソファと一緒に登場したミリタリーなお兄さんとか、さかさまの宙吊りで出てきた紫の総ラメパンツ+黄緑と紫の豹柄ジャージな元お笑い担当とかいましたが。つか、Yabai×3うまいことやったなー。曲だけ聴いたらほんまにYabaiよ!みたいなかんじだったんですが、あのステージなら許せます。むしろ第二の「秘密」レベルでかわいかったよ松本。胸のその「S」はドSの「S」なのか、それともShoSakuraiの「S」なのか?!(普通に「5」な気がしますが・・・)

 にのちゃんの「虹」ピアノ弾き語りで白いシャツに黒のパンツギャルソンエプロンみたいな黒いちゃんちゃんこつけてました。あんま動かないしスクリーンには顔と手の一部しか映らない(しかも白黒)からあんまりよくわかんない。見るとこもない←酷。や、でも自己陶酔してるときのにのちゃんは意外とかっこいいので歌詞の痛さを我慢できればそれなりに素敵です。ただ、セットリストのここに入るのはどうなの、松本さん?!ものすごいもりさがるんだけどーっ。

 んで、櫻井さんは相変わらず独特のセンスでいらっしゃいますね。今回はバックステに持ってきたムービンステージ上に真っ赤な二人がけソファを配置して、なぜかミリタリー調の上下で熱唱。引き連れてるMADみんなホストみたいなかっこしてんのになぜ。振りはかわいかったですねー。おしりぷりぷりしてました。やせたから何着ても似合うし。つか、うんちうんちより全然まし。←基準が低いって素敵!

 智さんは相変わらずでした。やっぱり生で見るのに向いてない智さん。今回は黒のスーツインナーは無地のグリーンチンピラ卒業してくれてありがとうダンス・歌・演出テイストは一貫して変わりませんね。相変わらず細かく細かく全力で踊ってます。16日のステージでものすごい声が枯れてたのにソロになったらいつも通りの美声で「あ・・・やっぱ歌ってなかったんだね・・・」ってもろばれなのが若干かわいそうでした。しっかり踊ってくれるだけ全然いいんですけどね。大野さんだし。

 最後、相葉ちゃんはまさに相葉マジック炸裂な愛らしいステージでした。松本の「嵐で一番peaceな男」という紹介通り、本当に和むステージで、相葉担ならずともじわっときちゃう歌詞もあいまって、ソロステージとしては一番安心して見られたのでは?というかんじでした。でも絶対、歌ってなかったけどね!口ずれてたしね!!!←自分の目の前の花道でリフト上がったのにスクリーンに向かって歌われて若干根に持ってる。時間なかったし、相葉ちゃんが歌詞覚えてないのは仕方ないんだけどさー、自分の歌うとこはひたすらスクリーンガン見でしたね。

 

 ・・・っていつの間にこんな長文に・・・。読みにくいし、つーか仕事しなきゃいけないので、エントリー分けまーす。

トラックバック - http://vermilion.g.hatena.ne.jp/yako_nobody/20070717